着付け教室【衣と帯】・お仕立て工房【針と糸】|幸田町(岡崎・蒲郡・西尾)着物のお直しも

道具に頼らず、鏡に頼らず、手の感覚できものをまとう。母から子へ受け継がれてきたきものの着方教室です。

2018年04月16日 12:06  カテゴリ:お仕立て

仕立て 銘仙 昔きもの 

お仕立てでお預かりした銘仙の反物。
銘仙といえば、大正から昭和にかけて 普段着、お洒落着として全国に普及した 平織りの絹織物で、今はほとんど姿を消しています。昔の着物としてはよくお目にかかれるけれど、新品は本当に珍しい‼︎
こちらは お祖母様の箪笥から出てきたそうで、状態もかなり良く、今回お着物として日の目をみることになりました。

グリーンの反物は八掛です。
素敵な取り合わせで 仕立て上がりが楽しみ!


同じカテゴリー(お仕立て)の記事画像
着物の汚れ、色焼けをお仕立てでお直し
自分で作ろう! 半幅帯講座
洋服生地で着物を仕立てました。
カーテン生地で仕立てたレースの帯を夏着物に合わせて締めてみました
カーテン生地で浴衣にもぴったりなレースの帯をしたててみました
浴衣の仕立て
同じカテゴリー(お仕立て)の記事
 着物の汚れ、色焼けをお仕立てでお直し (2018-11-13 10:36)
 自分で作ろう! 半幅帯講座 (2018-09-18 10:37)
 洋服生地で着物を仕立てました。 (2018-09-11 14:18)
 カーテン生地で仕立てたレースの帯を夏着物に合わせて締めてみました (2018-08-20 14:29)
 カーテン生地で浴衣にもぴったりなレースの帯をしたててみました (2018-08-02 15:04)
 浴衣の仕立て (2018-06-03 20:03)

Posted by MEGUMI │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。